新たにデザインの現場に足を踏み入れた方に贈る、クリエイティブに必要な10の基礎知識。この連載では、国内最大級のストックフォトサイトを運営するアマナイメージズが、広告やWEBの制作に欠かせない基礎知識や知っておくと役に立つ仕事のヒントをお伝えします。

著作権や肖像権、さまざまな権利についてわかっていても、ストックフォトには独自の利用規約、ルールがあります。今回は、よくあるご質問をもとに、ストックフォトを安全に使うためのFAQをお届けします。

 

Q:ストックフォトをトリミングしたり加工することはできますか?

A:著作権者には著作物を勝手に改変されない権利(同一性保持権)がありますが、ストックフォトの場合、著作者(作家)とさまざまな用途での使用や加工を前提とした契約をしているため、トリミングや加工をしても問題ありません。(改行)ただし、作品情報にトリミングや加工を禁止する旨、事前申請を要することが記載されている場合は別です。

Q:ブログで写真を掲載することは私的使用になりますか?

A:著作権法で認められている私的使用は個人または家族内での使用程度とされていますので、不特定多数の人が見るブログに他者の写真を無断で掲載することはできません。
ただし、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(※)や一定の条件の下で個人ブログへの画像掲載を許可しているストックフォトサービスもありますので、全ての場合において禁止されているわけではありません。※著作者が著作物を自由に使える範囲や方法などの意思表示をするためのツール

Q:オウンドメディアの記事にイメージとして、画像を引用することはできますか?

A:引用として他者の著作物を利用するには次の要件を満たすことが必要です。単なるイメージとして画像を使うことは、引用にはあたるとは言えないでしょう。

(1)引用するものが既に公表されていること

(2)公正な慣行に合致していること

(3)報道、批評、研究などの目的上「正当な範囲」

(4)自分の著作物が”主”であり、引用が”従”であること

(5)引用の必然性があること

(6)引用部分を本編と明確に区別していること

(7)引用元を明示していること

 

いざというとき役立つ!アマナイメージズのライツサービス

アマナイメージズでは安心・安全に作品をご使用いただくため、適切な権利取得をサポートするライツサービスを提供しています。お気軽にカスタマーサポート(0120-424-225)までお問い合わせください。

■ライツクリアランス

有名人や建築物、美術作品などの被写体の権利関係の調査から使用申請の代行まで、写真、動画素材を安心してご使用いただくためのサポートをいたします。また、使用許諾取得時に必要となる契約書作成などの代行も可能です。

■アートリサーチ

ストックフォトとして取り扱いのない写真や美術品の画像、学術データなどの権利者・所有者の調査から使用交渉、データの取り寄せまで、お客様がお探しの画像を入手するためのサポートをいたします。

■アートリファレンス

スストックフォトの構図や表現を活かして新たに撮影したい、イラスト化したいといったご要望にお応えし、翻案権(二次的著作物を創出する権利)の取得をサポートします。

 

ストックフォトを安全に使うためのFAQ、いかがでしたか?
次回はクリエイティブの基礎知識、カラー編をお届けします!