進化する新世界のサルを追う!類人猿に比肩する道具文化の伝達

※この記事はamanaimages.comで過去に掲載されたものです

作家プロフィール

ピート・オックスフォード Pete Oxford名前
エクアドル在住のワイルドライフ・フォトグラファー。動物学の学位を持ち、生態などの知識も深く、妻であるレニー・ビッシュとともに世界中の動物を撮影している。作品は『ナショナル・ジオグラフィック』『スミソニアン』『ネイチャー』『BBCワイルドライフ』『タイム』など、世界的に有名な雑誌に多数掲載されている。

この作家の作品をみる


進化するサル – 道具を使うフサオマキザル –

写真/文 ピート・オックスフォード

動物の中でも道具を使うのは、旧世界の類人猿たち――つまりチンパンジーやオランウータン――特有の行動だと思われていた。しかし今や、新世界にも道具を使うサルがいることがわかっている。
南米に生息するフサオマキザルは、ヤシの実を割るためのハンマーや金床を用い、その使い方を仲間にも伝授するという、類人猿に比肩する文化を持つ稀有な新世界ザルなのだ。

道具を使うフサオマキザル ピート・オックスフォード ミンデン・ピクチャーズ

その小さなフサオマキザルは、拳大(こぶしだい)の堅い実を岩の小さな窪みの上に置いた。そして、近くにあった自分の頭の3倍もの大きさがある重たい石を、感触を確かめるように撫でたのち、まるでウェイトリフティングの選手のように頭上に掲げる。次の瞬間、石は振り下ろされ、実は真っ二つに割れていた。
樹上では枝に巻きつける尾も、この時ばかりは地面に突っ張り、三本足で体を支えている。少し離れたところを見ると、やはり岩の窪みを金床にして、仲間が同じことをしていた。

コートジボワールの国立公園では、チンパンジーが石のハンマーと金床を使って、堅いクーラの実を割ることが報告されている(『BBC Wildlife』1992年1月号)。しかし、こんな類人猿のような行動を取る新世界ザルがいるなんて話は、今までに一度も聞いたことがなかった。

 

道具を使うフサオマキザル ピート・オックスフォード ミンデン・ピクチャーズ

フサオマキザルが道具を使うところを撮影したのは、マウロ・ド・オリベイラの住む簡素な家の裏庭だった。この行動を最初に発見した人物こそ、マウロなのである。彼の裏庭の先には赤い砂岩の崖があり、低木やサボテンを見下ろしている。ブラジルのセラード――非常に広大だが、生物多様性が脅かされている地域でもある――特有の風景だ。
この辺りはあまりオマキザルが生息するようには見えないかもしれないが、ここのフサオマキザルはセラードに自生するババスというヤシの実を採ってくる。

 

道具を使うフサオマキザル ピート・オックスフォード ミンデン・ピクチャーズ

アマゾン川流域のジャングルでは、フサオマキザルやシロガオオマキザルをよく見かける。かれらは生い茂った森の樹冠部で暮らし、堅い実を木の枝にぶつけ、割ったり柔らかくしたりして食べていた。原住民はサルを捕まえる際に、その音を真似ておびき寄せることもある。
しかし、マウロの家の裏庭に来るフサオマキザルは、地上で暮らしているためか、実を割るという作業を高度に進化させた。かれらが"南米の類人猿"と称されるのも、その知能の高さゆえだろう。

 

道具を使うフサオマキザル ピート・オックスフォード ミンデン・ピクチャーズ

私は2年の間、撮影のためにマウロやその家族と共に暮らしたことがある。実をいうと、かつて彼はコンゴウインコの密猟者だった。コンゴウインコはペットとして高く売れるのである。しかし驚くべきことに、ブラジルの自然保護団体バイオ・ブラジルは彼のような密猟者たちを集め、コンゴウインコとその生息地を保護する監視人として雇ったのだ。

 

道具を使うフサオマキザル ピート・オックスフォード ミンデン・ピクチャーズ

結果的に、これは大成功だった。用心深いマウロたちは、コンゴウインコにとって最大の保護者となったのだ。また、かれらは新しい発見についても伝えており、その中に、「毎週うちの庭にオマキザルがやって来ては、ヤシの実を石で割っているぜ」という報告があったのだ。(続く)

> 記事全文をご確認されたい方はカスタマーサポートまでお問い合わせください

> このストーリーセットの作品を見る


 

ストーリーセットとは

ミンデン・ピクチャーズでは、写真とそれに纏わるテキストをセットにした「ストーリーセット」をご用意しています。生物・自然科学に精通したフォトグラファー自らが執筆したレポートと写真のセットや、数年に渡り動物の生態を追いかけたシリーズなど、幅広いジャンルを取り揃えています。

料金について

・ストーリーセットの料金はご使用いただく写真の合計点数や使用目的に合わせ、個別に提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
・テキスト料金は各ストーリーセットごとの文章ボリュームによって変動いたします(目安¥50,000(税抜))。
・専門家の監修や編集のご依頼も承ります。自然科学分野における出版企画・編集を専門的に行う株式会社ネイチャー&サイエンス(アマナグループ)がサポートいたしますので、まずは下記までご相談ください。

ストーリーセットについて、まずはお問い合わせください

幅広いジャンルのストーリーセットをご用意しています。お気軽にお問い合わせください。

 

アマナイメージズへ問い合わせる

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPORTFOLIOをフォローしよう!

コメント

comments