ここ数年の副業ブームの中で、ここ数年注目されている投稿型(マーケットプレイス型)ストックフォトサービス。最近も、スマホの写真が売れるというサービスがリリースされるなど、ひそかな(?)ブームとなっています。

ただ、どんなビジネスでもそうですが、簡単には稼ぐことは出来ません。ストックフォトも、なんとなく撮った写真をアップしておけば儲かる、というものではありません。“稼ぐ”ためには方法論が必要です。

そこで、ストックフォトのプロが指南する、<本当に稼ぐための3つのポイント>をご紹介いたします。

 

POINT 1 広告使用を前提とした構図を意識する

ストックフォトとは、広告などで、本来撮影をしたいが、予算的、地理的、時間的事情からストックされている素材群の中から、適切な画像を探して使用するサービス。そのため、ストックフォトは、最終形としては、ポスターやWebサイト、バナーなどに加工されることが前提となります。

ですので、トリミングがしやすかったり、コピーやテキストを入れやすい作品が、購入される可能性が高くなります。

撮影をする際には、対象となるモデルや物を中心に、また、寄りで撮るだけではなく、少し引いて、左右にずらしたりして、あえて余白を作るといいでしょう。また、その際に、背景も意識をしてください。背景がごちゃごちゃしている作品は、当然、コピーを入れにくいため、選ばれる可能性は低くなります。

こんな作品を参考にしてみてください。

広告使用を前提とした構図を意識する

 

POINT 2 表情やシチュエーションを演出する

ストックフォトと聞くと、あえて例は挙げませんが、“いかにもストックフォト”な作品を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

もちろんこうした作品も使用されるケースは多く、アマナイメージズをはじめとする多くのストックフォトサービスでも販売されていて、実際、売れています。しかし、最近は、“雰囲気のある”作品、“表情が物語る”作品、そして“シチュエーションが演出された”作品が求められることが増えてきています。

例えば、こんな作品です。

表情やシチュエーションを演出する

 

このような、“いかにも”でない作品も、意識して撮ってみてください。

 

POINT 3 バリエーションを撮っておく

ストックフォトを利用した経験がある方なら、お分かりいただけると思いますが、ストックフォトサービスで検索をしている時、「こんな雰囲気で、こんな構図の写真が欲しい」と、明確なイメージを持って検索している場合が多くあります。

そんな時によくあるのが、「このモデル、すごくいいんだけど、左じゃなく右から撮って欲しかったんだよなぁ」とか、「左にもっとスペースが空いてれば使えるんだけどなぁ」といった、同じモデルや対象物のバリエーションが欲しい、というケースです。

こうしたケースを想定して、撮影時には、同じモデルや対象物を、引きと寄り、右と左、表と裏、など、バリエーションを多めに撮っておくとよいでしょう。

バリエーションを撮っておく

 

実際、ストックフォトサービスでは、バリエーションとして関連付けて表示している場合もあります。

バリエーションを撮っておく
 

せっかく用意したモデルや物、また、撮影場所などを有効活用し、機会損失を防ぎましょう。

 

ストックフォトで稼ぐには、“どこで売るか”も重要

プロから見た、作品撮影時のポイントをご紹介しましたが、最後にもう1つ、商売では、商品の良さと共に、どこで売るか、ということも重要なポイントとなります。

 

そこで、今回お勧めしたいのが、<500px(ファイブハンドレッド ピクセルズ)>というサービスです。

500px

https://500px.com/

 

ストックフォトで稼ぐ、という記事でよく紹介されているサービスは、ほとんどが日本国内のサービスですが、この500pxは海外のサービスとなります。

2009年にスタートしたこのサービスは、元々はInstagramのような、写真投稿サービスがベースとなっており、世界中のフォトグラファーコミュニティとしても成長してきており、その後、マーケットプレイス機能、つまり、投稿した写真の販売機能が実装され、現在では、ストックフォトサービスとしても知られています。

海外のサービス、ということで、敷居が高い感じがあるかもしれませんが、スマホアプリも用意されていて、スマホの写真もアップして販売することも可能です。

500pxは、日本でも徐々に認知がされてきており、ハイクオリティなストックフォトサービスとして、利用するクリエイターや企業が増えてきています。

ただ、海外のサービスということもあり、日本人イメージや、日本の風景などの作品が少ないのが現状。つまり、これからストックフォトビジネスに新規参入するなら、まさに“狙い目”なサービスです。

 

今は、投稿型のストックフォトサービスが増え、また、使う側もクオリティの高い写真を求める時代になっていますので、冒頭に書いたように、簡単に撮った写真がバンバン売れる、ということは、まずあり得ません。

これからストックフォトに参入し、成功するのは、写真が好きで、作品を丁寧に創ることが出来、自分の作品を広告表現に使ってもらいたい、と思える人なのではないかと思います。

フォトグラファーコミュニティでもある500pxに、まずは写真を投稿し、世界中のフォトグラファーからの評価を受けてみる、というところからスタートしみてはいかがでしょうか?

 

500px - amanaimages.com2009年に始まった写真コミュニティ、500px(ファイブハンドレッドピクセルズ)は、自分が撮影した最高の"一枚"をアップロードしてコミュニティの評価を問う場として、また人々が新たな感動や感情、創意の表現を発見する場として成長してきました。

プロのフォトグラファーから、これから高みを目指すフォトグラファーまで、その全てがコミュニティの中で切磋琢磨しながら創りあげてきた世界、それが500px。

世界中からフォトグラファーが参加し、息をのむ世界観を捉えた作品や感情的な作品であふれる、文字通りワールドクラスのプレミアムフォトコミュニティに成長した500pxから、ライセンス使用が可能な作品をアマナイメージズが独占的に販売しています。

http://amanaimages.com/lp/500px/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPORTFOLIOをフォローしよう!

コメント

comments