東京オリンピック開催まであと2年となった2018年。
気づけば今年も1/4が終わり、あっという間に2019年の幕開け…とならないためにも、何か新しいことに挑戦してみませんか。

どうせ始めるならば、東京オリンピックの新種目なんていかがでしょうか。今回のテーマは、今話題の新種目のスポーツやオリンピック種目に復活した競技5選です。東京オリンピック開催に合わせて、子供の習い事としても需要が高まっていく競技を集めましたので、是非ご覧ください!

空手

日本発祥の武道「空手」が、東京オリンピックの新種目に決定しました!
体が鍛えられ、さらに礼儀作法も学べることから子供の習い事としての人気も高まっています。最近では女性は護身術として習うことも多く、ダイエット目的と合わせて一石二鳥の習い事となりそうです。

サーフィン

ウォータースポーツの中でも特に人気が高く、ライフスタイルへ影響を与える程の魅力があるサーフィンも新種目に追加されました。
夏のイメージが強いサーフィンですが、意外にも春夏秋冬いつでも出来ます。日常生活の中では味わうことが出来ない自然との一体感に魅了されてしまう人が多いそう。女性の間でSUPやSUPヨガが人気となっていますが、波に乗るという体験は他では得られない達成感を得られそうです。

スポーツクライミング


日本でも人気が高まってきているスポーツクライミング。
スポーツクライミングは「スピード」「ボルダリング」「リード」の3種目の総合ポイントで競います。特に近年人気の高いものは「ボルダリング」ですね。人気に伴い、ジムの数も増えてきており、準備するアイテムも少ないため気軽に始めることが出来ます。子供を連れてやっている人も多いので一見簡単そうに見えますが、全身の筋力を使うため、しっかりとした運動となりダイエットにも最適です。

スケートボード

ストリートカルチャーとして発展し、若者を中心に大人気のスケートボード。
どう始めたらいいのか、と思うところですが、スケートボードスクールというものが各所にあります。若者のスポーツ、と言い切る前に、会社帰り、お休みの時、お子さんと一緒に、など様々な楽しみ方ができるスポーツです。ぜひ、練習してアクロバティックな技をキメたいところです。

野球/ソフトボール


大会ぶりにオリンピック復帰を果たした野球・ソフトボール。日本でも「〜女子」といったり、野球観戦の人気が高まっている今日この頃。仲間との交流を大切にしているチームやリーグ戦を勝ち抜いて優勝を目指しているチームなど、自身の目的に合わせてのチーム選びも楽しいかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
2020年東京五輪に追加される5種目をご紹介しました。
オリンピックをより楽しむために、スポーツを初めてのはいかがでしょうか。
編集企画もアマナイメージズ