予算がないときに重宝する「フリー素材」。しかし一言で「フリー素材」といっても、人によって何を意味するか違う場合があります。
ちょっとした認識の違いからトラブルに発展する場合もありますので、「フリー素材」とは何か、ここで改めて確認してみましょう。

 

■フリー素材って、何がフリー?

「フリー素材」といえば、まず思い浮かぶのが「無料素材」です。文字通り無料で提供されている素材で、使用料が「フリー」の素材です。 もうひとつの「フリー素材」は「ロイヤリティフリー」という商品で、これは1度購入すると使用条件の範囲内何度でも自由に使うことができる素材のことをいいます。つまり購入後の使用ライセンスは「フリー」ですが、最初に料金が必要になりますので、「フリー」だと思ってWEBサイトなどからコピーすることは違法です。

 

■著作権はフリーではない

ここで重要なのが、無料素材でもロイヤリティフリー素材でも、著作権は「フリー」ではないということです。「フリー素材」=「著作権フリー」ではありませんので、作品の模倣・盗用、その他著作権侵害に当たる行為は絶対にしてはいけません。

 

■無料素材が「無料」で使える範囲

もうひとつ注意が必要なのが、使用範囲です。無料素材であっても、商用使用や販売商品には使えない場合や、別途料金が必要な場合があります。ロイヤリティフリー素材の場合も同様で、このような使用の場合は別途追加料金が発生しま便利な無料素材、ロイヤリティフリー素材ですが、認識や使い方を間違えるとトラブルに発展することがありますので、使用条件をしっかり確認して安全に写真素材を活用してください!

 

国内最大級の写真・イラスト素材を取り扱うアマナイメージズ(http://amanaimages.com/)では、お客様に「安心・安全」に素材を使っていただくための、さまざまなサービス、ご相談窓口がございます。写真素材を活用した円滑な社内コミュニケーションに関心を持たれたら、アマナイメージズ カスタマーサポート(TEL:0120-410-225)までお気軽にご相談ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPORTFOLIOをフォローしよう!

コメント

comments