いつもはパソコンやスマホなどで視聴する、日本最大級の動画サービス「ニコニコ動画」。いわばネットの中の世界とも言えるニコ動から飛び出し、リアルのイベントとして毎回多くのユーザーが参加し大盛り上がりを見せる「ニコニコ超パーティー」。5回目を迎えた今回の「ニコニコ超パーティー2016」は2016年11月3日(木・祝)にさいたまスーパーアリーナにて開催され、会場は約15,000人(主催者発表)もの参加者たちの熱気に包まれました。
記事中の一部写真は、株式会社ドワンゴ様・株式会社タートルミュージック様よりご提供いただいております

 

ラスボスも熱唱…100万人が参加するニコニコ超パーティーとは

ネット(ニコニコ生放送・タイムシフトでの視聴)・リアル(さいたまスーパーアリーナ・パブリックビューイング)合わせて約100万人(ホームページより)もの参加者がいるといわれる超パーティー。歌ってみた、ボーカロイド、踊ってみた、演奏してみた、コスプレ、ゲーム実況などニコニコの様々なカテゴリで活躍するユーザーたちがパフォーマンスを披露する参加型のステージは、まさにネットとリアルの垣根を感じさせない熱いイベントとなっていました。

会場が最も熱狂したと言っても過言ではない、ラスボス・小林幸子さんの降臨。全3曲を披露しましたが、「メガ獅子舞」に乗って登場する姿はもちろん、圧倒的な歌声にラスボスたる所以を感じざるを得ませんでした。

%e3%82%b5%e3%83%81%e3%82%b3%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%81%e3%82%b3%e3%82%b5%e3%83%b3

 

トップバッターはポケモン!そしてヴァイオリンの音色に鳥肌…

13時から20時までの7時間にわたる大イベントのスタートを飾ったのは、アニメ「ポケットモンスター」の主人公・サトシの声を演じている松本梨香さんとヴァイオリニスト石川綾子さんによる、同アニメ主題歌「めざせポケモンマスター」でのコラボ。筆者をはじめとするポケモン世代には特にたまらないオープニングとなりました。何より会場を圧巻したのは松本さんのパワフルな歌声、そして石川さんが演奏する力強さの中に繊細さを感じさせるヴァイオリンの音色に、会場のボルテージが一気に上がったのを感じました。

その後、石川さんはソロでも演奏を披露。曲は、大人気のジブリ映画「天空の城ラピュタ」の主題歌「君をのせて」。まるでヴァイオリンで歌っているかのような優雅で美しい演奏に、会場全体が聴き惚れていました。ニコニコ生放送から参加していたネットユーザーも「耳が癒される」「鳥肌立った」などとコメントしており、石川さんと音色の魅力を堪能していたようです。

%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e6%a7%98%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b8%e7%94%bb%e5%83%8f

 

本番終了後の石川さんに単独インタビュー!

そんな本番直後の石川さんが、なんとPORTFOLIOのインタビューに応えてくださいました!超パーティーでの演奏についてはもちろん、ご自身が大切にされていることや考えについてもお話いただきました。

dsc01278b

―2度目の超パーティー、松本梨香さんとともにトップバッターを務められ、ソロでの演奏もありました。ものすごい盛り上がりでしたが、いかがでしたか?

石川さん 超パーティーのお客様はとてもアツくて、また盛り上げ上手で、皆さんに温かいステージをつくっていただき、心から感謝しています。松本梨香さんとはオーストラリアで行われた東日本大震災のチャリティーコンサートで初めてご一緒させていただいたのが出会いだったのですが、もともとポケモンの曲が大好きということもあり、その後曲を演奏してニコニコ動画にアップさせていただいていたりもしました。今回、私から梨香さんにコラボをお願いさせていただいたのですが、共演出来てすごく嬉しく思っています。梨香さんの歌声はすごくパワフルで、みんなが元気をもらえるような素晴らしい歌声なので、ご一緒できて本当に光栄です。

 

―ヴァイオリンというと、やはりクラシック音楽のイメージが強いのですが、様々なジャンルの楽曲にチャレンジされるきっかけは何だったんですか?

石川さん もともと幼いころから、ジャンルの壁をいかにして無くせるかなという意識がありました。いつも、ヴァイオリンの音色を少しでも多くの方に聴いていただきたいなというふうに思っています。なので、これからも色々なジャンルの曲に挑戦してみたいです。

―今はどんなジャンルの曲に挑戦してみたいと思っていますか?

石川さん 今はメタルに挑戦していきたいなと思っています!

―クラシックとは全然違う要素が多そうですよね。

石川さん きっかけはBABYMETALさんのメギツネをニューアルバム(「SAKURA SYMPHONY」2016年11月16日 エイベックスより発売)でカバーさせていただいたことなのですが、この曲を初めて聴いたときに「なんてカッコいいんだろう…!」って思って。メタルですと、クラシックでは絶対に使わないテクニックなどをふんだんに使われているので…メタルのパワフルなところや鋭い感覚、あとヘッドバンギングなども(笑)。どうやったらヴァイオリンで表現できるかなというのを考えながら演奏していくのがとても楽しかったので、これからもメタルを含めて、クラシック以外のジャンルもどんどん挑戦していきたいなと思っています。

 

―今お話に出たニューアルバムでは、代表的なボカロ曲「千本桜」や今日演奏された「めざせポケモンマスター」「君をのせて」など、ジャンルの垣根をまさに越えるような選曲をされているように感じました。こちらを制作されるにあたってどのような思いがありましたか?

石川さん 今までのアルバムでは「ボカロクラシック」だったり「アニメクラシック」など1つのジャンルに絞った選曲をしていました。今回は本当にジャンルの垣根を越え、いつもやらせていただいているコンサートのようなオールジャンルの曲をまとめた1枚となっています。

―どれも多くの方に耳馴染みのある曲ですよね

石川さん そうですね。どのジェネレーションの方にもお楽しみ頂ける一枚となり、私も嬉しいです。そしてどれも世界に誇るMADE IN JAPANの曲ばかりなので、そのままのアレンジで弾くのではなく、全てを”和テイスト”にアレンジさせていただきました。なので、メタルが和になっていたり、ポケモンが和になっていたり、こんな曲が和風になっている…!という意外性もぜひお楽しみいただけたら嬉しいなと思っています。

―普段からオールジャンルの曲に挑戦しているということをお話いただきましたが、その挑戦によって何かご自身にとってヒントが得られたり、影響することはありましたか?

石川さん 様々なジャンルを演奏していく中で、私自身、その”違い”を楽しんでるように感じます。クラシックはクラシックのよさがありますし、ポップスにはポップスのよさ、メタルにはメタルのよさがあります。(違うジャンルへの挑戦でクラシックに影響するというよりも)それぞれの違いをすごく楽しませていただいていますね。

―なるほど、違うジャンルへの挑戦を通して、それぞれの特徴や良さをご自身の実感をもってお感じになられているんですね。

 

―このPORTFOLIOは、クリエイターなど、クリエイティブ活動に携わる方などに向けて発信させていただいています。石川さんは今回のアルバムでも作曲をされたり、演奏を通して思いなどを多くの人に届けるなど「クリエイター」としての一面もおありになると思うのですが、ご自身がいつも大切にしていること、コア(核)になっていることがありましたらお教えいただきたいです。

石川さん 私が一番大切にしているのは、いかにして聴き手の方の心に響く音を出せるかということです。演奏においても作曲においてもそうなのですが、聴いてくださる方がその音を聴いてどう感じてくれるか、という聞き手のお気持ちを一番大切にしています。

―今日のように、直接会場で、もしくは中継を通して生で観ている方に届けるというときも、そのような気持ちで臨まれているんですね。

石川さん そうですね。私が小さい頃、クラシックコンサートによく足を運んでいたのですが、ちらほら居眠りをされている方を見かけていたんですね。それを見て、子どもながらに「私はみんなに楽しんでもらえるような、眠らせないコンサートをしたいな」と思ったのが原点なので、お客さま方が一緒になって楽しんでいただけるような演奏をしていきたいなと思って臨んでいます。

 

我々が取材して感じた、超パーティーが”ネットとリアルの壁をなくしていく”存在になっているという印象と同じく、石川さんのお話からも”様々なジャンルの壁をなくしていく”というようなボーダレスな印象を受けました。

「1つのジャンルに捉われない」「それぞれ挑戦してみて、それぞれの違いを知る」

好きなことだからこその前向きさや貪欲さというのもあるのかもしれませんが、自分の中にも常にそのような気概をもっていたいなと、お話を伺っていて強く感じました。仕事やプライベート問わず私たちの日常でも、当たり前かのように存在しているあらゆるボーダー。それらをなくす”ボーダレス”という言葉の本当の意味は、壁をなくしてごちゃまぜにすることではなく、それぞれの特徴や違いを理解し、心の中の障壁をなくしていくことなのかもしれません。

 

prof石川綾子 Ayako Ishikawa
研ぎ澄まされた感性と超絶技巧から海外では「デビルズアヤコ」の愛称を持つ全豪No.1ヴァイオリニスト。5歳で渡英し名門ロンドン音楽学校パーセルスクールに最年少で合格。その後、国立シドニー大学・シドニー音楽院を首席で卒業。全豪一位となり、オーストラリア政府より国際的芸術家だけに与えられる永住権を授与される。
超絶技巧が話題となり、「めざましテレビ」「ミュージックステーション」をはじめ各テレビ局で特集が組まれ テレビ朝日系「関ジャニの仕分け∞」の“バイオリン王No.1決定戦” に於いて優勝するなどテレビ出演多数。ニコニコ動画に投稿したボカロ「初音ミクの消失」が話題となり、ニコニコ動画総合No.1を3日間にわたって獲得。YouTube&ニコニコ動画での動画総再生数は2200万回を超える。
11月16日に和楽器とコラボしたカバーアルバム「SAKURA SYMPHONY」(エイベックス)が発売される。2017年2月19日(日)には品川ステラボールにて「SAKURA SYMPHONY CONCERT」が開催予定。
石川綾子公式オフィシャルホームページ
スポンサーリンク