2015年11月7日(土)、渋谷mixiイベントスペースにて開催された、「授業ハッカソン presented by Kocri」に、アマナイメージズとして協賛し、参加してきました。

ご存じの方も多いと思いますが、「Kocri」とは、面白法人カヤックさんと、創業90年の老舗黒板メーカーであるサカワさんとが、共同で開発・販売をされている、電子黒板アプリです。
http://kocri.com/

今回、このKocriの普及と、Kocriのコンセプトでもある、面白い授業、すごい授業を、もっと世の中に広めるために、ハッカソンが開催されました。

アマナイメージズでは、ハッカソンで作られる教材に、写真素材を使って頂けるようご提供しました。

今回は、当日のレポートをお届けします。

 

ハッカソンでは、最初に、デジタルハリウッド大学大学院 教授 佐藤 昌宏さんによる、テクノロジー×教育、いわゆる「EdTech」の最新の情報がインプットされました。

Kocriハッカソン
デジタルハリウッド大学大学院 佐藤昌宏教授

 

その後、各グループに分かれて、「少しみらいのすごい授業を考えよう」というテーマの下、社会と国語に絞って、“すごい”授業を考えました。

Kocriハッカソン
すこし未来のすごい授業を考えよう

 

グループに分かれ真剣に考えます
グループに分かれ真剣に考えます
議論も盛り上がります
議論も盛り上がります
実際にKocriを使って実験します
実際にKocriを使って実験します

 

そうして、各グループが、”すごい”授業を完成させ、いよいよ、発表です。

スライドとKocriを効果的に活用
スライドとKocriを効果的に活用
面白くて楽しい授業
面白くて楽しい授業

 

各グループの発表の後は、各賞の発表です。

グランプリはAチームのみなさん
グランプリはAチームのみなさん
アマナイメージズからもプレゼント
アマナイメージズからもプレゼント

最後に、これからのあたらしい教育を作っていくみんなで懇親会。

教育の未来に
教育の未来に

 

これまで、いろいろなハッカソンに参加してきましたが、今回は、教育というテーマということもあり、学校の先生が参加されていたのが新鮮でした。

教育現場の状況も踏まえつつも、今回の審査員だった、全生徒iPadを使った授業など先進的な試みで知られる愛和小学校 校長 松田孝さんは、ハッカソンの冒頭で、今回のハッカソンでは、これまでの延長線上の授業をプレゼンしても一切評価しない、と断言しておられたのが印象的でした。

iPhoneやKocriのような、新しいデバイスやツールが、これからも、どんどん出てくると思いますが、それをいかに活用するかを追求し、これまでになかった教育を提示してあげることで、これからの未来を作る子どもたちの才能を、より開花させていくことが出来るのだと思います。

アマナイメージズでも、教材に使用する素材の提供だけではなくて、新しい教育を作る、ということも視野に入れて、教育界にも貢献していけたら、と思った一日でした。

参加者のみなさん、カヤックさん、サカワさん、また審査員の先生方、おつかれさまでした!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPORTFOLIOをフォローしよう!

コメント

comments