今年1224億円にも達すると予想され※、ますます広がりを見せる動画広告市場ですが、かつてのように単に“バズる”動画を作ればいい、という時代は終わり、成果が求められるようになっています。

そのような状況の中で、広告担当・マーケティング担当者の多くは、「成果が上がる動画広告を制作・運用するにはどうすればいいのか」、という疑問を抱えておられるのではないでしょうか。

そんな皆さまの疑問に対して、動画広告の分野のトップランナーの方々からお話をお聞きします。

※株式会社D2C、株式会社サイバー・コミュニケーションズ調べ

■対象

・企業で広告・マーケティングに携わっている方
・動画を活用したコンテンツマーケティングに興味のある方

■タイムテーブル

時間 内容
19:00~ 開場~受付
19:30~ 開演
19:35~19:55 登壇1
電通 越智一仁 氏
19:55~20:15 登壇2
サイバーエージェント 加藤徹 氏
20:15~20:35 登壇3
カクテルメイク 松尾幸治 氏
20:35~20:55 登壇4
調整中
20:55~21:05 休憩
21:05~21:40 パネルディスカッション
21:40~22:30 交流会

※時間配分はセミナーの進行上変更になる場合がございます。

■講師プロフィール

越智 一仁(おち かずよし)氏

越智一仁株式会社電通
CDC / Dentsu Lab Tokyo
コミュニケーション・プランナー

1980年生まれ。2005年九州芸術工科大学大学院・芸術工学府修了。3DCG、モーショングラフィック専攻。同年電通入社後、営業、コピーライター、CMプランナーを経てCDC / Dentsu Lab Tokyoへ。コミュニケーション・プランナーに。得意領域はデジタル・クリエーティブ全般、特に映像を軸としたシェアラブルなコンテンツ企画やコミュニケーション・プランニング。その他、WEB・ソーシャル施策、プロダクト開発も。
主な仕事は、王子ネピアのブランドフィルム「Tissue Animals」、宮崎県小林市のPRムービー「ンダモシタン小林」、江崎グリコ「GLICODE」、アート東京「DRESS for VENUS」、ヤフー「聞こえる選挙」など。
アヌシー国際アニメーション映画祭グランプリ、アドスターズグランプリ、スパイクスアジアゴールド、ワンショーシルバー、ACCグランプリ、TCC賞、コードアワードグランプリなど国内外の受賞多数。

加藤 徹(かとう てつ)氏

加藤徹株式会社サイバーエージェント アドテク本部
LODEOカンパニー責任者

2001年に早稲田大学卒業後、株式会社インテリジェンスに入社。 2004年株式会社サイバーエージェント転職。広告代理店部門の営業局長、メディア局長、ソーシャルメディア局長を経て、2014年アドテク本部に異動。ゲーム関連プロダクトの立ち上げ。 2016年に動画広告ネットワーク「LODEO」の責任者に就任し現在に至る。

松尾 幸治(まつお ゆきはる)氏

松尾幸治カクテルメイク株式会社
代表取締役

横浜市立大学卒業後、社長.tv(ティービー)を運営する(株)ディーノシステムに参画。23歳で同社最年少取締役に就任しコンテンツ制作全般に関わり経営者動画メディアとして日本最大規模の約6000コンテンツを掲載。2014年、動画マーケティング支援に特化したカクテルメイク株式会社を設立。大手出版社のYoutube、Facebookの運営や広告運営など月間約300の動画コンテンツを制作している。

■参加費

・無料

■会場までのアクセス

会場:amana square “session hall”

〒140-0002
東京都品川区東品川2丁目2-43 T33ビル 1F

モノレール「天王洲アイル」駅より徒歩5分
りんかい線「天王洲アイル」駅より徒步5分

地図・詳細は、以下をご覧ください。
なお、下記地図が指しているのは総合受付です。会場は一番奥T33ビル1階となります。
http://amana.jp/company/facilities/tennoz-office.html

■注意事項

※受付にて、お名刺を2枚頂戴致します。また、終了後、交流の時間を設けておりますので、お名刺を余分にお持ち頂ければと思います。
※ノートPCをお持ちいただく場合は予備バッテリーをお持ちいただくか、十分に充電を行ってからお持ちください。

お申込みはこちらから

スポンサーリンク