これまでにアニメ「シドニアの騎士」を手掛けられ、現在は講談社とのVRプロジェクト『VR Idol Stars Project「Hop Step Sing!」』の制作を担当されている株式会社ポリゴン・ピクチュアズの石丸健二氏、「シドニアの騎士」VRコンテンツ「継衛発進体験装置」や「ガジラVR」、「VR面接」など様々なVRコンテンツを手掛ける面白法人カヤックの原真人氏にご登場いただき、前編ではお二人が出会うきっかけとなった「シドニアの騎士」のVRコンテンツ、継衛発進体験装置のお話や、過去・現在のVRをお二人がどのようにとらえているのかについてお話を伺いました。

後編では、現在石丸氏が制作を担当されている「Hop Step Sing!」について、そしてこれからのVRに求められることや可能性について伺いました。

 


 

広大な空間を演出で埋めなければいかないというのは並大抵のことではないですよね。普通にコンサートをプロデュースすることに近いですもんね。

 

dsc09697

――現在、石丸さんは講談社さんと一緒に手掛けているVRコンテンツ「Hop Step Sing!」の制作を担当されていますが、どのようなコンテンツなのか、またご担当されることになった経緯を教えてください。

石丸氏:講談社の「Hop Step Sing!」の責任者の松下さんは、元々「シドニアの騎士」の編集担当だった方なんです。「シドニアの騎士」のTVシリーズを一緒に作ってくださった立役者のひとりですが、その時のご縁があって、講談社がVRの事業を立ち上げ自前のキャラクターを開発してVRコンテンツにしていく企画にお声掛けいただきました。 

原さんにやっていただいた継衛発進体験装置を体験してからVRに興味を持っていろいろと見てはいたんですけど、僕自身VRを作るというのは初めてでした。今後CGスタジオとしては必ずやらなければならない分野ですので、講談社さんからお声を掛けていただけたのは、嬉しかったですね。

 

――初めてVRを制作されて、いかがでしたか?

石丸氏:実際にやってみることで、原さん始めVRを作ってきた人たちがどのような苦労をしてきたのかを追体験できました。たとえば「酔い」の問題。映像屋としては360度見られるのであれば、カメラを動かしたくなってしまうんですが、ユーザーがカメラ酔いしないようカメラは固定にしているんです。キャラクターに近寄りたいとも思うんですけど、これまた酔ってしまうので近寄れない。「酔った」「気持ち悪くなった」っていう一言がネットに出るだけで、やらなくなってしまう可能性がある。酔いなどのVRの特殊性に気をつけながら、VRならではの臨場感や迫力を活かしたアイドルコンテンツにまとめ上げるのが僕のミッションでしたね。

 

dsc09690

 

――原さんは「アイカツ!」がお好きだと以前お伺いしたことがありますが、アニメアイドルファンとして、またVRの作り手として、「Hop Step Sing!」をどのようにご覧になっていますか?

原氏:クオリティがとても高くてびっくりしました。Unity VR EXPOで初めて拝見したんですけど、いきなりこのクオリティが出てきてすごいなと。「Hop Step Sing!」のようないわゆるアイドルものって、CGのクオリティがそこそこなレベルから始まって、徐々に上がっていくものがほとんどだと思うんです。VRとしてのステージ演出ってやり方が難しくてみんな試行錯誤しているところではあると思うんですけど、「Hop Step Sing!」は初めから映えるものが出てきて、さすがだと思いましたね。

僕が演出面で気になったのは、ずっと紙吹雪が舞ったり装飾が浮いたりしていて、華やかに見えるように作ってあるところでした。あの紙吹雪は足したり引いたり、細かい調整を試行錯誤されて作られたものなのでしょうか?

 

石丸氏:仰る通りものすごく試行錯誤しましたね。キャラクターデザイン担当の方がステージのイメージボードを描いてくださったので、そのイメージボードに合わせてキャラクターを作って配置してみたんですが、それだけでは空間が埋まらないわけですよ。なので、カメラやオブジェクトを配置しながら、どうやったらカメラから見える範囲にリッチな空間が生まれるのかを考え、丸1日かけて調整して、やっと「これだ!」というバランスを見つけた時はすごく嬉しかったですね。あとはエフェクトを足したり引いたりして作っていきました。

後半、ステージがガラッと変わって3人が宇宙で歌うシーンになるんですけど、そのシーンは元々のプランにはなかったんです。キャラクター3人が振りつけ上の都合でVRユーザーに背を向けるシーンがあったのですが、やはりアイドルがステージ上でユーザーにサービスをしない時間があってはダメだとなりまして。しかしそれを変更するとアニメーションの制作工数がかなり多くなってしまう。そこで、光のシャワーを使ってステージのキャラごとセットを全部飛ばして、宇宙空間に変えることにしたんです。事前にOculusの方に見ていただいた時に、セットがチェンジするのがVRの醍醐味だと言われていたこともあり、やってみたら問題も解決して、より良いコンテンツになりました。

 

原氏:広大な空間を演出で埋めなければいかないというのは並大抵のことではないですよね。普通にコンサートをプロデュースすることに近いですもんね。

 

石丸氏:そうですね。観客をどこに置くか、その人に向かってどういう演出をするかを決める作業なので、ライブのセットを作るのに近いですよね。ただ、クライアントからは、ユーザーはプロモーションビデオを最後まで見てくれるとは限らないので、前半をとにかくゴージャスにしてほしいと言われたんです。 最初の1分で楽しんでもらうのが大事だと。映像をやっているとどうしても後半をクライマックスにしたくなるんですが、冒頭から出し惜しみしないでどんどん要素を入れていきました。後半は演出的なインフレが起きていくのが大変でしたけど、そういう考え方で映像を作ったことがなかったので、勉強になりました。

 


 

プレーヤーにとってキャラクターと目を合わせるのはすごく大事なことで、プレーヤーは「僕のことを見てる」「構われてる」って思うんです。その感覚をどれだけプレーヤーに持ってもらえるかによって、体験の満足度は変化すると思います。

 

dsc09730

――VRアイドルに求められるものってなんだと思いますか?

原氏:VRのライブは、映像で見るライブより実際に行くリアルなライブに近い体験をさせた方がいいと思うんですよね。なので、実際にライブに行く人がどのような楽しみ方をしているのかを研究して、うまく取り入れるのが大事なフェーズになっているのではないかと思います。とは言っても、それだけだと現実のライブに行った方がいいんじゃないかと思われてしまうので、現実のエッセンスを効果的にVRに落とし込んだ上で、VRにしかできない演出を入れていかなければいけないと思います。VRはプレイヤーの視線の動きを感知することができるので、視線に合わせたアクションを入れていくこともできるんじゃないでしょうか。

 

石丸氏:「サマーレッスン」は視線にものすごくこだわったコンテンツですね。実際に体験させてもらったんですけど、女の子の視線にドキドキしました(笑)。
※10月13日配信予定のPlayStation®VRローンチコンテンツ。プレーヤーは家庭教師となり、視線や頭の動きで操作を行うことで、女性キャラクターとコミュニケーションを取ることができる。

僕らが作っている「Hop Step Sing!」でも心がけたことではあるのですが、プレーヤーにとってキャラクターと目を合わせるのはすごく大事なことで、キャラクターと目線が合うことで、プレーヤーは「僕のことを見てる」「構われてる」と思うんです。その感覚をどれだけプレーヤーに持ってもらえるかによって、体験の満足度は変化すると思います。「サマーレッスン」の場合は女子高生がまるで本当にそこにいるんじゃないかという実在感と、家庭教師と生徒というシチュエーション、さらには制服という男性にとっては鉄壁な組み合わせをVRで実現している。今のところ、僕にとっては「サマーレッスン」が最強のVRコンテンツですね。

 

原氏:ゲームショウでも、「サマーレッスン」の整理券はすぐになくなりましたね。

 

石丸氏:女性がやっても驚くと思いますよ。ぜひ体験してみてほしいです。

 

――そのお話を聞くとすごく気になります。「サマーレッスン」を知った時、漠然と「男性向けのコンテンツだなぁ」と思っていたんです。そういった側面もあると思いますが、現実世界でも可愛い女の子に目をじっと見られたらドキッとするので、VRでもドキッとしてしまうかもしれません。

 


 

個別での体験を楽しむ人たちと、バーチャルの中にあるパブリックなスペースに出かけて行って、みんなで盛り上がろうぜ!っていういリア充が出てくるんじゃないでしょうか?

 

dsc09800

――今後、VRはどのように展開していくと思いますか?

原氏:基本的には2つの軸で展開されていくと思っていて、プラットフォームに出してコンテンツを販売する軸と、アミューズメントパークでの体験でお金を取るという軸です。今回のゲームショウを報道しているテレビ番組では、グリーンバックを使ってプレーヤーとVRの世界を合成させてプレーヤーではない第三者に見せている様子をいくつも見たので、今後、グリーンバックで合成してVRを楽しむという手法がテレビ放送にも取り入れられる可能性があるかもしれないと思いました。

 

石丸氏:今、“他人がゲームをしている中継を見る”という体験を共有することがビジネスとして成り立ちつつあるじゃないですか。なので、大勢の人がVRのヘッドマウントディスプレイを被って、VRの中で他の人の対戦を見ることも出てくると思います。アイドルの場合だと、周囲のファンと一緒にサイリウムを振っていると臨場感が出ると思うんです。一緒にサイリウムを振っている人たちが、ひとりひとりプレーヤーで、バーチャルの中でのライブ会場に集まるということができるようになってくると思いますね。

 

原氏:リアルなライブをやっているアイドルがVRでもライブを行うと、リアルより先にVRのライブを体験する人が多くなると思うんです。ライブ初見の人だと、この曲はどうやってノッたらいいんだろうって不安に思うこともあると思いますが、そんな時にVRライブに先に参加してバーチャルオーディエンスのコール&レスポンスを見ることができれば、「こうやってノればいいんだ」って分かると思います。今後はVR上でどのようにリアルのアシストを入れていけばお客さんを取りこむことができるかを競っていくんじゃないでしょうか。

 

石丸氏:今ちょっと思ったんですけど、バーチャルの世界でもバーチャルリア充と、バーチャルな世界でのオタクが出てきそうな気がします(笑)。個別で体験を楽しむ人たちと、バーチャルの中にあるパブリックなスペースに出かけて行って、みんなで盛り上がろうぜ!っていういリア充が出てくるんじゃないでしょうか?

バーチャルな世界で体験を共有するのがイベントとして開催できるようになっていくと、VRの使い方が変わってきますよね。例えば、従来のゲームのように開発者が意図したとおり進行していくようなものではなく、参加する人によって全体の雰囲気が変わっていくといったようなVRイベントとか。ヘッドマウントディスプレイを買うことで初期費用はかさんでしまいますけど、そういったイベントがいろんなところで開催されると、もしかしたら一対一の体験よりもビジネスとしては格段に伸びていくかもしれませんね。

 

原氏:今後もエンタメ分野が一番伸びていくとは思いますが、最近だとPCのデスクトップをVR世界に再現する“VRデスクトップ”というものが出ていて、VRの世界で複数のウィンドウを並べたり、キーボードを表示したり、自由にアレンジしてVRの中で仕事をすることができるんです。でもそこまでユーザビリティのレベルが高いわけではないので、実際に仕事をすることはまだできないと思いますが、エンタメだけじゃなくて、日常生活でも使えるコンテンツが出てきつつありますね。

 


 

VRやAIがもっと広がっていくと、現実世界の中に情報のレイヤーやエンタメのレイヤーが増えていく感覚も広がっていくと思いますし、そんな世界の一部を担っていきたいですね。

 

dsc09789

――今後、VR関連で取り組まれること、やりたいことがありましたら教えてください。

石丸氏:日本科学未来館で開催される「DIGITAL CONTENT EXPO」というイベントで、8年くらい毎年「アニメーションマスタークラス」というクラスを持たせてもらっているんですが、今年はVR元年にあやかって10月30日にVRのクラスをやるんです。「Hop Step Sing!」でお世話になったOculusの近藤義仁さんを講師に招き、「実践に学ぶVRコンテンツ制作」というタイトルで、VRの仕組みや制作方法などを学ぶクラスを開くことになっています。基礎知識や開発時の注意点、最新情報まで教えていただいて、これを受ければVRの開発の一歩を踏み出せるようなクラスになるといいなと思っています。

 

原氏:僕、最近はカヤックVR部のメンバーでPodcastを始めて、メンバーと喋っていたり、 僕が所属しているVR部がMogura VRというVR関連ニュースサイトで連載を持つことになったりという動きがありますね。石丸さん、今度Podcastにゲストで来てくださいよ!

 

石丸氏:えっ、いいんですか?

 

原氏:ぜひお願いします!

あとは、僕がやりたいこととしては、VRアイドルをやってみたいのと、長く楽しめるVRコンテンツを作ってみたいと思っているので、今後挑戦していきたいですね。

 

石丸氏:「Hop Step Sing!」をやっている時にポケモンGOが出たんですけど、帰宅しながらポケモンGOをやっていると、実世界に本当にレイヤーがあるような気持ちになったんですよ。アプリに地図情報が表示されていて、自分も実際に歩いているけど、アプリの中のキャラクターもバーチャルを歩いている。モンスターが出てくるとバイブで知らせて、現実世界にアナウンスされる。その頃僕は「Hop Step Sing!」を作っていたので、昼間はバーチャルの中でアイドルと戯れる生活を送っている。すると、だんだんリアルな生活の中にレイヤーができて、リアルとバーチャルを行き来しているような感覚になったんです。VRの普及と共にそういう世界になっていくと思います。

今後の興味としては、AIとキャラクターを繋ぐということをやってみたいですね。AIが自分の生活にどんなふうに関わっていくんだろうっていう関心を持っているんですけど、リアルタイムエンジンでキャラクターが自由自在に動きだせる世の中になって、AIとCGが繋がった時にどんな未来が来るんだろうなと思っています。

 


 

【石丸さんがご担当されたコンテンツ・イベント情報】

VR Idol Stars Project「Hop Step Sing!」

「DIGITAL CONTENT EXPO」 アニメーションマスタークラス2016:実践に学ぶVRコンテンツ制作

 

【原さんがご担当されたコンテンツ情報】

シドニアの騎士「継衛発進体験装置」

「Little Witch Pie Delivery」

 

【カヤックVR部関連情報】

Podcast「カヤックVR部 VRadio」

MograVR連載「面白法人カヤック VR部ラボ」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPORTFOLIOをフォローしよう!

コメント

comments