去る3月24日にサイバーエージェント様と共催で、「spotlight・grape・アマナイメージズに学ぶ効果的な画像の選び方」というセミナーを開催しました。

この記事では、私の登壇パート、「“ささる”写真と“さされない”写真の選び方」の中から、記事にマッチした画像を選ぶ際のポイントについて、ご紹介したいと思います。

まず、このセミナーでお話しするゴールとして、下記を設定していました。

安全で、かつ、効果的な画像が選べるようになる

当日は、画像を選ぶポイントの他、著作権についての基本的な考え方をお伝えしていましたので、「安全」という要素もありましたが、今回の記事では、効果的な画像を選ぶにあたっての基本的な考え方、もっと言うと、“効果的なビジュアルコミュニケーションの方法”についてお伝えいたします。

 

■写真には2つの力がある

まずは、以下の写真をみてください。

sunflower_1

sunflower_2

いかがでしょうか?
どちらも同じ「ひまわり」の写真ですが、受ける印象が違うと思います。

写真には、下記の2つの力があります。

  1. 情報
  2. 感性

 

「情報」写真というのは、ある意味、見たままを伝えるもの、またデータとして伝えるのに役立ちます。
例えば専門書や教科書のような本、また、ニュース系のメディアなどでは、情報としての写真を使用することで、より正確に、視覚に訴えて情報を伝えることができます。

一方、「感性」写真というのは、写真そのものにストーリーが感じられるものです。
こうした写真は、メディアでいえば、みる人の感情を動かしたり、行動を促すような記事に使用するといいでしょう。
例えば、感動のストーリーや、病気の予防を啓もうするような記事、などです。

このように、写真の持つ2つの力を意識して、記事に合わせて画像のセレクトを行うと、効果的に記事の内容を伝えると共に、みる人の心を動かしたり、行動を促すことも可能になります。

 

■写真の2つの選び方

そして、写真のセレクトには2つの方法があります。

例えば、当社社員向けのマナーブックに、「服装はいちばん外側の自分だ。」 というコピーがあります。
このコピーに写真をつけるとすると、ぱっと思い付くのは、こんな写真ではないでしょうか?

style_1

確かにこの写真であれば、このコピーをよく説明しています。


つまり、

文章=写真

であるといえます。

 

これはこれで、非常にいいのですが、このコピーが当社社員としてのルールなわけですから、社員の中により印象付け、記憶に残してもらう必要があります。
そうすると、こんな写真を選ぶこともできます。

style_2

いかがでしょうか?
この写真だと、まさかこんな格好をしてこい、とは思わないでしょうが、ただ、このコピー、また伝えたいこと自体は非常に印象に残るのではないでしょうか?

この場合、

文章×写真

となっていて、コピーと写真がお互いに相乗効果を生み、伝えたいことを相手に伝えられているのではないでしょうか。
「伝える」ための写真ではなく、自然と「伝わる」写真になっています。

まとめると、写真を選ぶ方法は、

  1. 説明的に選ぶ
  2. 謎かけ的に選ぶ

という2種類があるといえます。

 

■最後に

いかがでしたでしょうか。
オウンドメディアの運営などでは、記事に写真をつけることは必須ですので、より効果的にコンテンツが伝わる写真を選びたいものです。

今回ご紹介した内容以外にも、今後も、セミナーや記事を通して、画像を選ぶポイントや、選び方のコツなどをご紹介していきたいと思います。
また、今すぐ、いい写真が欲しいという方は、アマナイメージズでは、写真のセレクトサービスも行っていますので、お気軽にご相談ください。