オウンドメディアを運営する場合、メディアの立ち上げ時から運営管理の方法を決めておくことが重要です。なぜならば、オウンドメディアはコンテンツを継続的に更新していくことが求められるからです。今回は、オウンドメディアの運営管理と更新頻度について解説していきます。

 

オウンドメディアの基本的な運営体制

まずは、オウンドメディアを運営するにあたっての基本的な運営体制を紹介します。

・メディア企画
・メディア編集・管理
・コンテンツ制作

 

・メディア企画

メディア企画は、ユーザーに伝えたい情報を考え、メディアの全体的な方向性を決定します。各コンテンツが、メディアの方向性からズレていないか確認を行うのもメディア企画となります。

・メディア編集・管理

メディア編集・管理は、オウンドメディアの全体的な内容や方向性から、各コンテンツの編集を行います。オウンドメディアを運営する際に、記事の更新スケジュールやクオリティチェックを行うのもメディア編集・管理となります。

・コンテンツ制作

コンテンツ制作は、その名の通りコンテンツのライティングを行います。ライティングを行う際は、メディア企画が決定した、オウンドメディアの方向性を理解して、メディア編集・管理が依頼をしてきた内容を反映させたコンテンツを制作することが重要です。このとき、社内でコンテンツ制作を行う方法の他に、フリーランスやクラウドソーシングに依頼し、コンテンツを制作する方法もありますので、自社のスタイルに合わせて選択していきましょう。

 

オウンドメディアの更新頻度について

オウンドメディアを運営する場合、更新頻度について考えていかなければなりません。あなたが、オウンドメディアをどのような理由で運営しているのかによって変化はしますが、定期的な更新が必要なのは当然のことです。定期的に情報を更新することで、あなたのコンテンツを楽しみに読んでくれるお客様が現れます。

オウンドメディアを定期的に読んでいただくためには、1日1回更新していくのが理想的です。1日1回、更新していくことで、1年で365記事がオウンドメディアに掲載されることになります。すべてのコンテンツを丁寧に執筆し、お客様の役に立つコンテンツが掲載されていれば、一定のアクセスを得ることができます。そうなればコンテンツの更新頻度を調整していくことも可能です。コンテンツを定期的に作り続けるためには、コンテンツ制作の体制作りが大変重要なのでしっかり整えていきましょう。

オウンドメディアは体制作りが大事

コンテンツ制作は体制作りが重要


最後に

初めてオウンドメディアの運営をする場合、運営体制の作り方も分からないかと思います。そのようなときには、外部のオウンドメディア制作会社に業務を依頼するのも良いでしょう。

依頼の際には、メディア企画がオウンドメディアの方向性を決定し、自社のサービスに合うコンテンツ制作を依頼しなければなりません。最終的には、社内で運営ができるようになることが理想的です。自社のサービスを知っているからこそ作成できるコンテンツが、オウンドメディアでは最大の武器となります。制作会社へ依頼をするコンテンツと、社内で作成するコンテンツを上手く使い分けながら、オウンドメディアを運営していきましょう。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPORTFOLIOをフォローしよう!

コメント

comments