2015年に入ってから様々なところで耳にすることが増えた、マーケティングオートメーションについて皆さまはご存知でしょうか。今回は、日本でも急速に浸透しつつあるマーケティングオートメーションについて、初めて触れる方が知りたい基本的な情報をまとめてみました。

 

マーケティングオートメーションの概要

マーケティングオートメーションとはアメリカ発祥のソフトウェアで、日本国内では頭文字をとってMAと呼ばれています。主な機能としてはWebを活用して企業のインターネットマーケティング効果を、より効果的・効率的にすることを目的としたソフトです。

今まで別々に存在していた、メール配信や登録用フォーム、さらにはリードやキャンペーンの管理機能、Web・マーケティングの解析機能といった企業マーケティングに欠かせないツールをひとつにまとめ、ワンストップで提供しているソフトウェアを指します。

発祥の地アメリカではこのマーケティングオートメーションを提供する企業が、スタートアップから大手企業まで数多く存在します。本国アメリカでは、日本の様にマーケティングをインハウスで行うよりは、専門家にお願いするアウトソーシングの流れが強いので、そういったコンサルティング会社を経由して、主流マーケティングのひとつになりました。そうしたアメリカの開発元が日本にも進出するにしたがって、現在日本国内でも浸透しつつあるマーケティング手法となっています。

 

マーケティングオートメーションのメリット

マーケティングオートメーションとは?基本的な知識と導入メリットについて

マーケティングオートメーションとは、先に述べたとおり今まで存在しなかったツールではなく、既存のソフトをまとめて提供しているソフトです。それでは、今までそれぞれのツールを使っていた企業が、なぜ新しくマーケティングオートメーションを導入し始めたのでしょうか。実はそこにマーケティングオートメーションの最大のメリットが隠されています。

このソフトウェアはワンストップで提供しているので、先ほど挙げたマーケティング業務等をワークフロー化し、必要な部分を一部自動化することができます。自動化することによって、今までのマーケティング業務に要していた時間が有効活用されるとともに、人的ミスがなくなります。

また、メール配信やWeb解析から得られた、膨大な数のリードの管理が可能となる点が最大のメリットとなります。個々のリードをデータとして蓄積することで、可能性の低い見込み顧客を可能性の高いリードへと育成(ナーチャリング)することが可能となります。マーケティング担当者が今まで大幅に時間を割いていた業務を自動化することで、生産性を上げることができる。このファクターこそが彗星のごとく現れた、マーケティングオートメーションの導入企業を増やしている理由です。


ポイントは最適なマーケティングオートメーションを選ぶ

マーケティングオートメーションツールを使い、生産性向上を図る上で気を付けていただきたいのが、マーケティングオートメーションの選び方です。冒頭にも触れたようにマーケティングオートメーションを提供している企業は数多くあり、それぞれ異なる機能をもつマーケティングオートメーションを提供しています。すべてが全く同じ機能を備えて提供しているわけではありません。

マーケティングオートメーションの導入をお考えの方はまず、自社の最新の顧客戦略を再度確認し、機能の中で何が必要で、何を自動化すべきなのかをしっかりと見極める必要があります。これは運営されている事業によって使い勝手が異なるので、もちろん口コミも大事ですが、ご自身の顧客戦略に何が一番合うものなのか、照らし合わせる必要があります。

最大限に活用できるマーケティングオートメーションに出会えれば、個人・中小企業かかわらず、その効果をしっかりと感じることができるでしょう。

別の記事で、国内でマーケティングオートメーションを提供している企業をまとめておりますので、こちらの記事もあわせてご参考下さい。比べてわかる!!マーケティングオートメーションツール徹底比較【10選】