コンテンツマーケティングの一環で、オウンドメディアを作ってみたが、思うように集客ができず、数か月後にはオウンドメディアを閉じてしまった、というような話をよく伺います。コンテンツマーケティングの初期段階では、なかなか安定した集客ができません。

コンテンツを読んでいただくためには、自社でコンテンツを拡散する必要があります。今回は、コンテンツマーケティングの集客で大切な、コンテンツの拡散方法の基礎知識をご紹介いたします。


SNSの利用

情報拡散のしやすさを考えた場合、TwitterなどのSNSを利用する方法があります。SNSを利用して、作成したコンテンツを拡散していくのであれば、日頃からコンテンツの更新情報だけではなく様々な情報発信をしておくと良いでしょう。そうすることで、ファンやユーザーを獲得することができ、コミュニケーションが生まれ、コンテンツのシェアがされやすくなります。

もし、あなたの周りに、拡散力のあるSNSの媒体を持っている人がいれば、利用させていただきましょう。影響力のあるSNSを利用することができれば、自分でゼロからアカウントを作成することなく、コンテンツを拡散させることが可能となります。

 

広告の利用

コンテンツマーケティングを行っていく場合でも、状況に合わせ広告を利用することをお勧めします。広告を利用する場合、PPC広告を利用するのが一般的です。

インターネットの検索エンジンにキーワードを入力した際に、検索上部に表示されている広告をPPC広告とよびます。集客可能なキーワードを設定して、継続的に広告を打つことで、集客が可能となります。PPC広告を利用する際は、費用対効果を考えながらキーワードを選定していきましょう。

 

メルマガの利用

もしあなたのサービスに、メルマガの読者がいるのであれば、メルマガでコンテンツを紹介し、情報を拡散していただきましょう。メルマガなので、お客様も空いている時間にコンテンツを読むことができ、参考になる情報であれば、コンテンツを拡散していただける可能性があります。

メルマガは、オウンドメディアの情報拡散や、サービスの情報提供など様々な情報発信が可能ですので定期的に更新を行うようにしましょう。
※代表的なメルマガ配信ソフトについてはこちら

コンテンツの拡散方法

状況に応じて拡散方法を選ぶことが大事


最後に

オウンドメディアを運営していく場合、参考になるコンテンツがあるからこそ、お客様に拡散していただけるようになります。まずは、初心者でも理解できるようなコンテンツ作成を行っていきましょう。

ユーザーは自分が理解できない情報を他人に拡散しようとは考えません。自分でも十分に理解できる情報に出会った場合に、他の人にも広めたいと考えてもらえるようになります。

様々な媒体を利用して、安定したアクセスを得ることができれば、キーワードで集客することが可能となります。お客様にコンテンツを読んでいただくために、状況にあった情報拡散の対策を行いましょう。

スポンサーリンク