Dina Belenkoはロシアのクリエイティブスティルライフを専門とするフォトグラファーで、500px Primeのフォトグラファーとしてすばらしい成功を収めています。彼女のアーティスティックな写真は、日々の生活の中にある他愛のないモノを魅力的に映し出しています。

今回は、Dinaが最近500pxに投稿した”バランスのとれたドーナッツ”をどうやって撮影したのか、私たちに教えてくれます。あなたが想像しているよりも非常に簡単ですので、楽しみながら読んで、参考にしてください。


以下:Dinaさんの説明

はじめに

Dina Belenko500px amanaimages

私はいつもお菓子とコーヒーを使って、不安定だけれども、バランスのとれた構図の写真に挑戦したいと思っていました。初めて撮影した際には、かなり良い仕上がりの写真が撮れたのですが、撮影の進め方はとてもひどいものでした。

まずはじめに、コーヒーカップを山積みにし紐で吊るしてみたのですが、悲しいことにその状態を持続させることはできませんでした。

 Dina Belenko500px amanaimages

そこで私は、他にリスクの少ない方法を模索しました。

 

1.小道具と配置

私はまず透明なプラスチックのシートを使用し、(透明ガラスもよく使用されますが、ガラスの扱いには気をつけなければならないので、プラスチックの方が無難だと思います。)色つき背景を配置しました。
これが重要なコツです、こうすることで小道具の影をそのままにしていても、背景に映っている影は消えるのです。全ての小道具は宙に浮かんでいるかのように見えます。

Dina Belenko500px amanaimages

構図に、奥行きや厚みを加えるために、ちょっとした小道具も配置しています。(色々試しましたが、結果的に子供の木のおもちゃがとても効果的でした)私は全てのカップとお菓子を違った高さや角度で置くようにしています。そうすることで、ひとつひとつの小道具が重なり合っているかのように見えるからです。

上から見たときには、この小道具は見えませんが、横からはちゃんと見えている状態です。

Dina Belenko500px amanaimages

 

2.ディテール

基本の構図をつくったら、全体を自分の手で”支えるように”し、撮影してみます。ドーナッツの上にチョコスプレーを加えて、カップに紅茶を注いでおきます。その際に、紅茶のしぶきだけでなく、しずくもつくらないようにしています。

Dina Belenko500px amanaimages

Dina Belenko500px amanaimages

 

3.仕上げ

全ての構図で撮影した写真を重ね合わせます。自分の手が写っているもの、紅茶のしずくのあるものを全てひとつに合成します。

他の同じスタイルで撮影している作品と色味を合わせるために、今回撮影した写真も明るく調整します。そして、ドーナッツの形をまっすぐに直し、プラスチックのシートの傷を消すことで写真に光沢を出します。

これで出来上がり!ビフォーアフターがこちらです。

Dina Belenko500px amanaimages

Dina Belenko500px amanaimages

 

以上がこの撮影方法となりますが、この記事がお役にたてるとうれしいです。(紐で吊るす前にこれを誰かが教えてくれていたら…)

このトリックを使うと、サンドイッチやハンバーガーの中身がまるで”飛び散っている”かのような写真や手作りクッキーやフルーツがキレイに積み上げられているような写真撮ることもできるのではないでしょうか。シリアルや野菜を使って、バランスのとれた食事を撮影してみるのもよいかもしれません。さて、あなたは何で試してみます?ぜひ色々試してみてください、幸運を祈っています!

Dina Belenkoさんの作品はこちら!!

※この記事は写真撮影に役立つ情報を発信するWebメディア「500pxISO」を翻訳した記事となります。
元記事: The Secret to Shooting 'Balancing' Photos with Ease   
訳・構成:アマナイメージズ portfolio編集部

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPORTFOLIOをフォローしよう!

コメント

comments